「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第16話

橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第16話のあらすじです。

見逃した方のためになるべく詳しく書こうと思います。

スポンサードリンク


003
節子(山岡久乃)と長子(藤田朋子)にガミガミ言われ、家を出た大吉は行きつけの小料理屋「おたふく」で飲んでいる頃、節子は大吉の帰りを待っていた。

節子と長子は大吉がどこへ行ったのか見当もつかない。

怒って出て行った大吉が心配な節子でしたが、長子は自分が小さい頃からバリバリ仕事をして生き生きとしていたお父さんが好きだった。

でも最近はしょぼくれてばかりでそんなお父さんは見たくない。見ていてつらい・・と言う。

そして「もし本当に家出しちゃったら二人で迎えに行こう、優しくしてあげようね」と長子は笑った。

 

心配している二人をよそに大吉はおたふくですっかり酔っぱらっている。

お店の人が大吉に「早く家に帰った方が・・」と促すが「俺は家出して来たんだ。帰れってどこに帰れって言うんだ?!」と食ってかかる始末。

おかみさんが「きんぴらごぼう上手に出来たじゃないですか。奥さんビックリさせるんじゃなかったんですか?」と言うが聞く耳持たず。

実は大吉はおたふくで教えてもらってきんぴらごぼうを自分で作ったのだ。

お店の人がみな大吉に「上手だ」「手先が器用」「持って生まれた才能」と褒めるとすっかり上機嫌になる大吉。

すると大吉は、自分が作ったきんぴらごぼうを食べさせようと五月(泉ピン子)へ電話し、勇(角野卓造)と一緒におたふくに来いと言った。

まだお店の後片付けの途中だったため五月が行くのを遠慮しているとキミ(赤木春恵)が「行ってあげなさいよ。たまには親孝行してあげなくちゃ。お店はもういいから勇と一緒に行って来なさいよ」と言ってくれたが、それでも五月が遠慮していると「たまには夫婦で飲みに行くのもいいじゃない。母ちゃんに遠慮はいらないよ」と快く言ってくれたので二人でおたふくに顔を出した。

013
2人を出迎えたのはすっかり酔っぱらって機嫌の良い大吉。

五月が「家に帰ろう」と言うが「帰らない!」の一点張り。

大吉が作ったきんぴらごぼうを二人に食べさせようと持ってくると「えっ?お父さんが作ったんですか?」勇はビックリする。

いくら帰ろうと五月が言っても大吉は帰ろうとしない。

五月は勇に「お父さんなんてほっといて先に帰ろう」と怒ると大吉は「どいつもこいつも俺をバカにして!」グダグダ文句。

そんな愚痴は聞いてられない、ほっといて帰ろうと勇に言うと、おたふくで働くお咲さんが五月を小声で呼んだ。

そして大吉に知られないようにそっとお店の外に五月を連れ出す。

するとお咲さんは「家で何があったか知りませんけど、岡倉さんは一人で家に帰れないんじゃないでしょうか?だから五月さんを呼び出したんだと思うんです。岡倉さんとは30年来のお付き合いで岡倉さんの気性も良く分かっています。家で何かあって「こんな家にいられるか!」って怒って出て来たんじゃないでしょうか。本当は帰りたいのに一人で帰るには敷居が高いんでしょう。岡倉さんのメンツが立つように五月さんから岡倉さんへ言ってあげて下さい」。

お咲さんの話を聞いて大吉の状況がなんとなく分かった五月は「どうにかして連れて帰ります」。

お店に戻ると五月は大吉に「実はこれから岡倉に寄るの。実はお母さんに頼みたい事があって・・。ねえ、お父さんも一緒に頼んでくれない?」と言うと大吉が「何を頼むんだ?」と。

「お金借りたいのよ。100万円ほど」五月が話すと事情を知らない勇はビックリする。

五月は勇へそっと目くばせして合図を送った。

「お父さんからお母さんへ一言「貸してやれ!」って言ってくれたらいいのよ。お父さんしか頼る人いないのよ。お願いします」。

娘に頼られて内心嬉しい大吉。

「これも父親のつとめだ。仕方ないから家に帰ろうか」と言って大吉、五月、勇の三人は店を後にし、岡倉家へ。

五月の作戦は大成功。

スポンサードリンク


家に着いて玄関のチャイムを鳴らすと長子が玄関を開け、「ほ~ら、やっぱり帰って来たじゃない」と言うと大吉が「誰がこんな家、帰って来たいもんか。五月がどうしても頼みたい事があるって言うから。おい!五月に100万貸してやってくれ!」それだけ言うと着替えをしに部屋に行ってしまった。

いきなりお金の話になり何が何だか分からない節子だったが、大吉を家に帰らせるための口実だと五月が説明する。

そして五月は「お父さんを追い詰めるようなこと言ったんでしょ。優しくしてやってよ。何年夫婦やってんのよ!」節子へ怒る。

着替えをして戻ってきた大吉が「父さん仕事辞めるぞ。あんな会社くそくらえだ」。

節子と長子は「またか・・」という表情だったが、五月と勇はビックリ。

「酔っぱらうといつもこの話をするんだから。ええどうぞ。辞めて家でゴロゴロしていたらさぞ楽しいでしょ!でもね、うちにはまだ独身の娘が二人いるんです。今は重役の娘って事でそれ相応の結婚話も来るでしょう。でも会社を辞めて父親が無職になったらまとまる話もまとまらなくなるかも知れないでしょ」と節子が怒ると長子は「関係ないわよ。お父さんの肩書なんて。くだらないこと言わないで!」と言うが「世間ってのはそういうくだらない事を大事にする人もいるの!せめて二人が結婚するまでは・・。それが父親の役目ってもんでしょ」。

節子がそう言い終わると黙って聞いていた大吉が「風呂入って寝る」と言って席を立ち五月と勇に「今日はありがとう。今夜はいい夜だった。本当にいい夜だった・・」淋しそうに部屋を出た。

そんな大吉のことが五月はなんだか心配だった。

そして五月は大吉がおたふくで作ったきんぴらごぼうを節子へ渡す。

すると節子は激怒し「いくらすることがないからって・・。うちじゃ茶碗ひとつ洗わせた事ないのに。小料理屋で大の男がこんなことするなんて。情けない。お父さんのきんぴらごぼうなんて見たくもない。なに考えてんだろ、本当にあの人!」大声で怒鳴り、きんぴらごぼうを台所へ捨てた。

その怒りぶりに唖然とする勇。

大吉は一大決心をしていました。そして誰がなんと言ってもそれを押し通す覚悟も出来ていました。

013
翌朝の野田家。

良(前田吟)は弥生(長山藍子)に「武志(岩淵健)の父母会をすっぽかした件を今日学校に行って謝っておけよ!」言うが、弥生は「朝8時までに仕事に行かなければならないから代わりに行って欲しい」と頼む。

すると良は自分がすっぽかしたくせに逆ギレし弥生を怒鳴りつける。

「必ず午前中に行っとけよ!いいな!」そう怒鳴って布団をかぶって寝てしまい、弥生は仕方なく学校にお詫びしに行くことにした。

学校に寄ったせいで仕事に遅刻し婦長から叱られる弥生。

「看護婦になった以上、妻や母親である前にまず看護婦であるという自覚を持たなきゃ。それが出来ないなら看護婦の資格はないわ」厳しく叱責され、「私、資格がないのかもしれません」弥生は少し涙ぐみながら答えると婦長は戸惑った表情に。

「母親も看護婦も両方ちゃんとやろうなんて無理だったんです。辞めさせていただきます」。

それを聞いて婦長は「そう・・やる気がない人にいてもらっても仕方ないわね。いつでも辞表出して頂いて結構よ」そう言って婦長は去って行った。

仕事と家庭の両立に悩み、弥生は念願だった看護師の仕事を辞めようと決心するしかなかった。

その時、エミちゃんという患者から呼び出しがあり行ってみるとエミは床に倒れていた。

慌てて弥生はエミを抱き上げベッドへ寝せる。

坂口恵美(高橋恵利香)は小学生の女の子。

夕べ父親が来て「ママは病気だからしばらくお見舞いに来られない」と聞いてどうしても家に帰りたいのだと弥生に言う。

実はエミの両親は離婚することが決まり、エミは父親に引き取られる事になった。

だから母親は病気ということにしてエミに会いに来ないんだと言う。

父親も仕事が忙しくなかなか病院に来られないから病院にお任せするとのことだった。

夜、仕事が終わった弥生はエミの病室に顔を出すとエミは病気のママにお手紙を出したいから手伝って欲しいと言うのだった。

便箋を取りにナースステーションに戻ると婦長が一人仕事をしている。

「エミちゃんの母親、よくエミちゃんを置いて離婚出来ますね。鬼だわ・・」と弥生が言うと婦長は「エミちゃんの病気が原因で極度のノイローゼになって結婚生活に耐えられなくなったんですって。病気って本人もツライけど周りはもっとツライのよ。エミちゃんの病気を見てるのが耐えられなくなったんじゃないかしら」。

「でもそれじゃエミちゃんが可哀想だわ」「だから私たちが出来ることを精一杯してあげなくちゃね。じゃ、ご苦労様」と婦長が言うといろいろ考えた弥生は「婦長、さきほどはすみませんでした。辞めるなんて軽率でした」と謝る。

すると婦長は笑顔で「みんな何度も辞めたいって言ってここまできてるの。私もそうだった。でもこうして20年勤めたわ。」

弥生は悩んでいたがどうやら吹っ切れたようだった。

エミの病室に戻ろうとした時、電話が入り長子が交通事故に遭ってこの病院の救急センターに運ばれたという知らせだった。

弥生は節子に電話で知らせると、大吉はまだ帰ってきていなかったので病院の名前や住所を書いたメモを残して病院へすぐ向かった。

013
五月も連絡を受け慌てて病室に入るとベッドには元気そうな長子が。

右足の複雑骨折で手術をし、一か月は歩けないそうだが、その他は特に悪いところもなくみな一安心。

節子が付きっきりで看病すると言うが、ここは完全看護だから付き添いは出来ないと弥生に言われ仕方なく家に戻る。

大吉はまだ帰宅していなかった。

「娘が交通事故に遭ったって言うのに飲んだくれて!」と怒る節子。

013
葉子(野村真美)が長子のお見舞いから自宅に帰ると部屋で太郎(船越栄一郎)が待っていた。

「夕食作って!」と葉子に頼むと「明日までにやらなきゃならない仕事があるから夕食は自分の家に帰って食べて。お願い」と葉子に言われ追い返される。

せっかく葉子を待っていたのに・・と渋い顔の太郎。

013
その頃、節子は怒り心頭で大吉の帰りを待っていた。

そこへ大吉が帰宅。

節子が怒って大吉に長子が交通事故に遭った事を話すと驚く大吉。

夜中の1時だというのにお酒を飲んでいないことに節子は気づき、こんな時間までお酒も飲まないでどこで何をしてたんだろう?と不審に思う。

013
翌朝、大吉が長子の病室を訪れ「昨日は来れなくてすまん」と謝ると長子は大学に行けないのが残念だと言った。

あと一か月で卒業なのに卒業の単位を取る試験を受けられないから卒業出来ない・・とガッカリしている。

そこへ交通事故の加害者である遠山(香川照之)が病室へ入ってきた。

すぐ土下座をし謝る遠山だったが大吉と節子は怒っている。

ひたすら謝る遠山に大吉の怒りは収まらず「とっとと帰れ!二度と来るな!」怒鳴って追い返した。

遠山が帰ると今度は男二人が病室に入って来て、いきなり長子と馴れ馴れしく話し出す。

大吉と節子は「誰?」と言う顔。

2人は長子が通う大学のテニスサークルのメンバーで加納竜一(矢野武)と小木文太(佐野大輔)。

やけに長子に馴れ馴れしい二人に怪訝な顔の大吉。

2人は長子が卒業試験を受けられるように大学までの送り迎えや付き添いもすると言ってくれ、それを聞いて安心した長子は笑顔になる。

女子大に通う長子にこんな軽そうなボーイフレンドがいたことが分かり大吉は不機嫌。

大吉は「至急二人の素性を調べて長男だったら今のうちに別れさせる」と節子に言った。

先走ってると思われようが、長子は岡倉家にとって大事な跡取りだから大吉にとっては重要な問題でした。

・・・第17話へつづく・・・

第15話へ←あらすじ→●第17話

あらすじ一覧はこちら

スポンサードリンク


■第16話の感想■
大吉は会社を辞める決心をしたようですね。

お酒を飲まないで夜遅くまで何をしてるかと言うと。。そのうち分かります。

もう娘たちも自立できる年齢なんだから会社辞めさせてくれてもいいのにね~って思うのですが、節子は肩書にこだわる女なんですね。

交通事故の加害者である遠山というキャラクターが登場しましたが、この人によって長子の人生が大きく変わります。

そして男友達の二人。

いかにも大学生ってノリですね(笑)

どっかで見たことあるようなないような顔の二人ですが、竜ちゃんという方は現在スポーツアナウンサーになっていました。

彼氏だって言ってないのに素性を調べるって・・・(苦笑)気が早い。

関連記事

IMG_1889

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第30話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第30話のあらすじです。

記事を読む

MOMO

「きみはペット」13年ぶりに再びドラマ化!キャスト新旧比較

// 漫画家、小川彌生先生の「きみはペット」が13年ぶりに再びテレビドラマ化されます。

記事を読む

mc10-pop_01

しゃべくり007で紹介された「マジッククリスタル」って何だ?

2016年4月4日放送の「しゃべくり007」で「マジッククリスタル」が紹介されました。 どうい

記事を読む

no image

ツイッタートレンド入り:キスマイ解散?!噂の真相は?ファンクラブの更新日を確認しよう

いまツイッター上でキスマイ解散・・がトレンド入りしていますね。 ファンの方は騒然としています。

記事を読む

IMG_0742

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第38話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第38話のあらすじです。

記事を読む

画像1

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ書いていきます

// 「橋田壽賀子ドラマ  渡る世間は鬼ばかり」はTBS系で毎週木曜日の夜9時から放送さ

記事を読む

dc042213

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第5話のあらすじです。

記事を読む

IMG_1551

ドラマ「ありがとう」警察編:あらすじ 第4話

// 水前寺清子さん主演ドラマ「ありがとう」第1シリーズ:婦人警官編の第4話のあらすじを

記事を読む

NAMAIKI

中村繁之、ノンストップに出演:今は何してるの?

4月4日放送の「ノンストップ」に中村繁之さんが出演します。今の若い人は知らないかもしれませんが、あの

記事を読む

画像2

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第15話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第15話のあらすじです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017-11-06_163225
「明日がござる」あらすじ第1話と登場人物紹介

// 水前寺清子さんが主演のドラマ「明日がござる」の放送が

2017-09-22_1122067
渡る世間は鬼ばかり2017・3時間スペシャルあらすじ

// 2017年9月18日(月)に「渡る世間は鬼ばかり」3

IMG_1543
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第6話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1509
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1466
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第4話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑