「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第19話

橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第19話のあらすじです。

見逃した方のためになるべく詳しく書こうと思います。渡鬼ファンの方はぜひご覧ください。

スポンサードリンク


002
五月(泉ピン子)は大吉(藤岡琢也)に500万円を貸してもらおうと思い、大吉に話をするために会社に電話するが大吉は出社してないと言われる。

五月が電話をかけているのを見た勇(角野卓造)は電話を切り「お義父さんに迷惑をかけるな!」と言うが五月は大吉にお金を借りるしか500万円を作る方法がないと答えた。

勇は自分たちで解決は無理だからキミ(赤木春恵)に話をすると言うが、「お義母さんの耳に入れたくない。この話を知ってガッカリするお義母さんなんて見たくない」と五月。

健治(岸田敏志)が連れてきたあの男、成田商事の成田という男に500万円を払わなければお店を売却されてしまう・・五月は自分たちで何とかしようと思うが、五月たちにそんなお金はなくやはり大吉に借りるしかないと五月は思っていた。

その時、夕べ幸楽に来た健治とその成田が再びお店にやって来た。

五月が「何しに来たのよ!帰ってよ!」と怒鳴ると成田は「そうはいかない。売買契約だけでも結んでもらわないと」とニヤつく。

勇が「まだ相続してないんだ。誰と契約するんだ?」と詰め寄ると健治が「相続権のある人たちの委任状があればいいんですよ。久子(沢田雅美)と邦子(東てる美)さんのはもう貰ってますから、あとはお義母さんとお義兄さんがハンコを押せば成田君が今日にでも手付金の1億円払うって言ってくれてるんです」と言う。

「お袋は留守だよ」と言うと健治が「分かってますよ。お義母さんの実印は仏壇の引き出しの中でしょ。ちゃんと聞いてあるんです。ちょっと私、取ってきます」と言って席を立つ健治を五月が阻み「冗談じゃないわよ!そんな勝手なこと!」と言うと黙って聞いていた成田がいきなり大声で「あんた!引っ込んでてもらいたいな。あんたに相続権はないんだよ。この問題には関係ないんだよ」と五月をにらむ。

五月は怒り健治と成田に向かって「あんたたちだって同じじゃない」と言うと健治が「私は久子と邦子さんに委任されてるんです。それに500万円は久子の名義で借りて、久子の相続権の行使を成田君に一任してるし」と言う。

スポンサードリンク


勇は「久子は知ってるのか?」と健治に詰め寄る。

五月が成田に「500万円返せばいいんでしょ!」と言うと「あとひと月でここを売らないと相続分払えないでしょ。無理しないで私に任せてもらえばいいの」と成田が言うので五月が反論すると成田はいきなり表情を変えお店のテーブルをひっくり返した。

「なんだと?人が下手に出てりゃ、つけあがりやがって。なめんじゃねえよ!」と言って椅子を蹴飛ばす。

怖くて勇にしがみついていた五月だったが「やるんならやりなさいよ!警察呼ぶから!」と言うと成田は笑い「いいだろ。500万返すって言うなら返してもらおう。その代わり返せない時は・・・」「分かってるわよ。お義母さんがグアムから帰ってくるまでに耳そろえて・・」と五月がいいかけると勇が「バカ言うんじゃないよ」と止めるが「あんたは黙ってて!」と勇を押しのけた。

健治は何も言わず目を伏せたままじっと会話を聞いてるだけだった。

013
会社に出社していない大吉はきっと長子(藤田朋子)の病室にいるだろうと思った五月は急いで病院に向かう。

案の定、大吉と節子(山岡久乃)が病室にいた。

節子には言えないのでとりあえずお見舞いに来た事にして、世間話をする五月。

大吉が「そろそろ会社に行くよ」と言って席を立つと五月も慌てて「じゃ、私も・・」と言って大吉と一緒に病室を後にした。

五月が二人で話したいと大吉にお願いし、喫茶店へ。

五月がいきさつを話すと大吉は「やっぱりそういう話だったのか」と笑った。

岡倉家の財布は節子が握っているため本来なら節子に借金のお願いをするところだが、節子がカッとなって事を大きくしてしまいそうなので先に大吉に言ってお願いしてもらおうと五月は考えていたが、大吉は無理だと思うと言った。

さんざん娘をイビった姑のために、その姑の娘のダンナが作った借金をどうしてお前が肩代わりするんだ?って絶対節子は怒るはずだと大吉は言う。

五月はそれを聞いて「岡倉に迷惑かけるなって勇にも言われた。自分たちで何とかするしかないのよね。お母さんにも迷惑かけられないもんね。今の話は聞かなかった事にして」と言うと黙って聞いていた大吉が「分かった。父さんが何とかしよう」と。

驚く五月が「もういいんだってば」と言うと「お前の気持ちを聞いて安心したよ。お前は骨の髄まで幸楽の人間になったんだって分かった。父さん本当に肩の荷を下ろした。だから金を出してやりたいんだ。500万で五月の幸せが守れるんだったら安いもんだよ。お前は勝手に岡倉の家を出て勝手に結婚した。父さんお前になんにもしてやってない。してあげられなかった。だから今してやるのが父親の役目だ」と大吉が言った。

dc042001(修整1)
五月が涙目になりながら「でも・・」と言うと「オレだって母さんに相談しないで自由になる金ぐらいあるぜ。母さんに言うとうるさいから。内緒だぞ」と大吉は笑った。

「2~3日のうちに届けるようにするから」と大吉が言うと五月は涙ぐみながら笑顔で「ありがとう、父さん」と頭を下げた。

013
五月が幸楽に戻り勇へ報告する。

「お父さん500万円貸してくれるって!」と言うと勇が「悪いよ、そんな・・」と言うが「一生懸命働いて返そう!お店さえ残っていたら返せるんだから!」。

五月とは反対に浮かない表情の勇。

「さっき弁護士さんが来たんだよ。税務署が査定の基準にしているこの土地の価格から割り出すと、久子と邦子に払う相続分は1億円以上。とても払えないよ。二人が相続権を放棄しない限り、この店を残すのは無理だ。今、お義父さんに迷惑かけたって焼け石に水なんだよ」と勇。

それでも五月は諦めちゃダメだと勇に何度も言うが勇は暗い表情のままだった。

013
いよいよキミがグアム旅行から帰って来る日。

大吉が朝早く幸楽へやって来て、例の500万円の小切手を五月に渡した。

そして勇に「相続の事、何か力になれることがあれば力になるから」と言ってあっという間に帰って行った。

ありがたくて涙ぐむ五月。

そして小切手を勇に渡し「早くこれを持って成田商事に行って!そして500万の借用書と久子さんの委任状もらってくるのよ!いいわね!」と言って勇を送り出した。

それから数時間後・・勇がなかなか戻ってこない。

お店の開店時間を過ぎているため五月は焦って気をもんでいる。

その時、キミがグアムから帰って来た。

開口一番「どうしたの?11時なのに店も開けないで」とキミ。

勇より先にキミが帰って来てしまい、五月は焦っていろいろ言い訳をする。

「店開けるの分かっててどこ行ったのよ~。私がいないとすぐこれなんだから」と文句言ってるところへやっと勇が帰って来た。

勇に文句を言い、キミと久子と邦子は休憩するために2階へ。

そしてキミたちを空港から幸楽まで送って来た健治と勇が鉢合わせした。

勇は「今、成田に会ってきた。返すもん返したからな。今後一切、成田とは関係ない。君も今度の事には今後一切口出ししないで欲しい。頼むよ、お袋を泣かすような事だけはしないでくれ」と言って頭を下げると何とも言えない表情の健治。

dc042002(修整1)
そこに2階から下りてたキミが「旅行楽しかったわよ~。持つべきものはやっぱり娘ムコだね。今日だって会社休んで迎えに来てくれたし」と言うと五月と勇は呆れた顔でお互い見合う。キミの言葉にバツが悪そうな健治は黙ったまま。

その夜、キミは上機嫌で旅行の土産話をしているが、それを浮かない表情で聞いている勇。

何か言いたげに「母ちゃん・・」と話しかけるがキミは話を続けている。

キミは「健治さんだってこの旅行をプレゼントしてくれたのもご機嫌取りだって分かってる。でも根は悪い人じゃない。うちで出来る範囲で久子と邦子に分けてあげればあの子たちだって納得して相続権を放棄するわよ」と笑顔で言うが、勇は厳しい顔で「そんな簡単な相手だと思ってるのか?」と言うと「お前、妹たちが信用出来ないのかい?」とキミ。

勇がここ数日あった事を話そうとするが五月が言うなと合図する。

すっかり久子と邦子を信じきっているキミは「何とかなるわよ、大丈夫」と笑って言った。

013
一方、岡倉家では今夜も大吉が夜遅く帰って来ると「毎晩毎晩こんなに遅いんじゃ体壊してしまうわ」と節子は心配する。

ふと見ると大吉の指先が真っ黒なのを見つけどうしたのかと聞いたら、会社の花壇をいじっていて汚れたと大吉は言うが節子はちょっと不審に思った。

013
翌朝、やっと長子が退院。

遠山(香川照之)の車で自宅まで送ってもらい、明日からはリハビリのため毎日送り迎えをするという遠山に大吉は「もう結構だ」と断るが、これも自分の責任だと一歩も引かない。

節子は長子が帰って来たことでウキウキしている。

そこに五月がやって来た。

長子の入院中ずっと付き添いをし、大変だった節子の労をねぎらって前に行ったことのある小料理屋「おたふく」でごちそうしたいと五月が言い、節子と二人で行くことになった。

おたふくに到着しお店に入ると、女将のお咲さんも従業員も一瞬戸惑った表情。

節子が「主人がいつもお世話になってます」とあいさつすると何とそこには大吉が!

お店の厨房で板前の調理衣を着て立っていたのだ。

dc042003(修整1)
節子も五月もビックリし立ちつくしている。

すると大吉が苦笑いしながら「いつかはバレると思っていたけどさ。まさか今夜お前たちが来るとは思わなかった」と。

節子が「何してるんですか?このお店で・・」と言うと「ここで板前の修業をさせてもらってるんだよ。会社は辞めた」と大吉。

dc042004(修整1)
「1週間ほど前に辞表出した。サッパリした。長子が落ち着いたら母さんにも話そうと思ってた。」と大吉が言うと五月が「父さん・・あのお金、退職金だったの?」と言うと大吉はそれ以上言うなとばかりに五月の言葉を遮った。

「そうなんでしょ?あのお金のために辞めたんでしょう?」五月は泣きながら大吉へ言うと「この仕事・・面白いんだよ。楽しいんだ。今はまだ見習いで下ごしらえしかさせてもらえないから野菜のアクで手が真っ黒だけど、会社にいる頃より楽しいんだ。芋の煮っころがし食うか?父さんが剥いた芋」と大吉が言うと節子はショックで泣きながら店を飛び出してしまう。

泣きながら後を追う五月。

節子は「見てられない、あんなお父さんの情けない姿。見たくもない!」と泣くと、五月も泣きながら嫌がる節子を店に連れ戻した。

大吉が苦笑いしながら自分が下ごしらえした料理を節子に出すが、そっぽを向いて顔を合わせようとしない節子でした。

・・・第20話へつづく・・・

第18話←あらすじ→●第20話

あらすじ一覧はこちら

スポンサードリンク


■第19話の感想
健治・・勝手に人の実印を押そうとするし、どんな悪党だよって感じです。

健治の幼馴染の成田はあの時流行っていた「地上げ屋」ってとこでしょうか?

当時は立ち退かない家やお店をブルドーザーやトラックなどで突っ込んでめちゃめちゃにしてたニュースを良く目にしましたが・・物騒な時代だったんですね。

キミは久子や邦子が相続権を放棄してくれるだろう・・なんてのんきなこと言ってますが、そんなわけないだろ!って思わず吹き出しちゃいました。

そして大吉は思い切って会社を辞めたんですね。

知らなかった節子は大ショックですが、最終シリーズまで板前として人生を全うしたんですからこの仕事が天職だったのかもしれません。

まあ、自分のお店を持つまでにはこれまた一波乱も二波乱もあるわけですが。

関連記事

16

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第16話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第16話のあらすじです。

記事を読む

12

アメトーーク2時間スペシャル:絵心&パクリ芸人 2月21日放送!

待ちに待ったアメーークの2時間スペシャルが放送されます! 放送日は2月21日(日)夜6:57か

記事を読む

no image

漫才コンビ「母心」と「ふくしまボンガーズ」知ってますか?

みなさんは「母心(ははごころ)」という漫才コンビを知ってますか? 2014年に「第13回 漫才

記事を読む

npmiCwCM

乙武洋匡さん不倫認める:しかも5人!相手は誰?

『五体不満足』の著作で有名な乙武洋匡さんが不倫してると週刊誌が報じています。 相手はいったいど

記事を読む

IMG_1375

「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第3話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリーズ 第3話のあらすじです。

記事を読む

no image

嵐の大野智さんドラマ主演決定!2016年4月より放送・過去ドラマ一覧あり

嵐の大野智さんが4月から日本テレビ系のドラマ(水曜夜10時放送)で主演することが決まりました。

記事を読む

IMG_1285

「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第2話

// (注意) 話の途中で書き終わっていたことに気付き5/31に続きを追加しましたので

記事を読む

IMG_2328

「時をかける少女」2016 第3話あらすじ・翔平が美羽に告白・・

// 2016年7月9日(土)から放送が始まりました「時をかける少女」。 あの名作

記事を読む

IMG_1354

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第7話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第7話のあらすじです。

記事を読む

hadayouku

波田陽区、東京撤退→故郷へ・・。結婚は?子供は?

お笑い芸人の波田陽区さん(40歳)が東京から故郷の山口、九州エリアに拠点を移すことが分かりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017-11-06_163225
「明日がござる」あらすじ第1話と登場人物紹介

// 水前寺清子さんが主演のドラマ「明日がござる」の放送が

2017-09-22_1122067
渡る世間は鬼ばかり2017・3時間スペシャルあらすじ

// 2017年9月18日(月)に「渡る世間は鬼ばかり」3

IMG_1543
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第6話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1509
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1466
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第4話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑