「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第21話


橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第21話のあらすじです。

見逃した方のためになるべく詳しく写真も満載で書こうと思います。渡鬼ファンの方はぜひご覧ください。

スポンサードリンク


003
節子(山岡久乃)が出て行った岡倉家では、家事をまったくやらない長子(藤田朋子)に代わって大吉(藤岡琢也)が掃除をしていると、大吉の様子が心配な弥生(長山藍子)がやって来る。

大吉の代わりに掃除や洗濯をしようと思っていた弥生に「ほっとけばいいのよ。そのうち懲りて板前になりたいなんてバカなこと言わなくなるでしょ」と長子。

「それもそうだ・・」と弥生も考え、手伝わずに帰ってしまった。

一人怒りながら洗濯を干す大吉。

長子は自分の下着も大吉に干させるという徹底ぶりだ。

dc050201
長子は遠山(香川照之)を待っている。

リハビリのため毎日病院に通っていて、遠山が毎日送り迎えしてくれてるのだ。

その時、玄関のチャイムが鳴ったので出てみると遠山ではなく長子の友人、竜一(矢野武)と文太(佐野大輔)だった。

大学卒業記念の旅行でヨーロッパに行っていた二人は昨日帰国し、今日からは二人で病院の送り迎えをすると言う。

長子は大喜びだが、大吉は怪訝な顔。

さっそく三人で病院に行こうと玄関を出たところで長子を迎えに来た遠山とバッタリ。

すかさず長子が「遠山さん、本当にお世話になりました。今日からこの人たちが付いて行ってくれる事になりましたので、もうご迷惑をおかけしないで済みます。今後一切、私の事は心配しないで下さい。本当にありがとうございました。じゃ!」と言って竜一の車に乗り込み行ってしまった。

黙ったまま走り去る車を見送り、何かを思うような表情の遠山。

すると大吉が「君には毎日毎日送り迎えしてもらって世話になった。でもこれからは事故の事は忘れて一生懸命仕事してちょうだい」と言うと遠山は「いい思い出になりました。奥様にもくれぐれもよろしくお伝え下さい。菜の花と桃の花です。ひなまつりだからお宅も雛人形飾るんじゃないかと思って」と言って大吉に花を手渡した。

dc050202
「ありがとう。いろいろ気を遣ってもらって」と大吉が言うと「じゃ、私はこれで・・。何かありましたらいつでもご連絡下さい。お体をお大事に」と遠山。

すると大吉は遠山の肩をポンポンとたたき「君も・・」と言うと、遠山は深々とお辞儀をして帰っていった。

事故の加害者とはいえ、毎日お見舞いに来て、リハビリの送り迎えも毎日してくれた遠山に対して最初の頃とはまた違った気持ちの大吉だった。

遠山がくれた菜の花と桃の花をじっと見つめ「ひなまつりか・・」とつぶやいた。

スポンサードリンク


その頃、節子はお店で忙しく働いていた。

接客の仕事は思った以上にきつく、ちょっとでも座って休憩しようものならすぐに注意され休むことも出来ない。

節子は足も腰も限界だった。

仕事が終わって立花家に戻ると、雛人形が飾ってあるのを見てふと淋しくなり翌日大吉がいない時間を見計らって雛人形を飾るために家に戻った。

するといないはずの大吉がいて、一人で雛人形を飾っている最中だった。

気まずい二人だったが節子が「雛人形だけ飾って帰ろうと思って。一年に一度出さないと縁起が悪いって言いますからね」と言うと大吉が「しまってある場所は分かってたんだけど飾り方が分からなくてさ。五月(泉ピン子)に電話したんだけどわかんなくて苦労したよ」と。

「そりゃ、あなたじゃ無理ですよ。40年近く私が一人で飾ってきたんですから」・・二人でしみじみと雛人形と市松人形を眺め、思い出話をしていたがまたケンカ状態になりそうになったその時、「痛っ!」と言って節子がよろけた。

大吉が手を貸そうとするが強情を張る節子。

dc050203
しかし膝が痛くて歩けなくなってしまい、大吉に付き添われて病院へ。

その頃、大吉の様子が心配な五月を見て勇(角野卓造)が「実家に様子を見に行ってこいよ」と言ってくれたが、キミ(赤木春恵)に遠慮して行くことをためらっている五月。

それでも勇が何度も言ってくれるのでキミに断ってから行こうとすると、勇が「うるさいこと言われると出るのが遅くなるからこのまま行け。俺が後でうまく言っておくから。お袋に分からないように早く行け!」と行って五月を行かせた。

五月が岡倉家に到着すると節子が戻ってきている事を知ってホッとする五月だったが、膝を痛めた事を知って節子の夕食の準備を始めると節子がグチを言い始める。

五月が節子に、大吉と話し合ってこの家に戻るように言うと、「話して分かるなら誰も苦労しませんよ!今日だって母さんが膝が痛いのを知ってて平気でおたふくに行っちゃうんだから。夕飯どうするんだ?って心配する優しさがあってもいいのに」と腹を立てていると「節子、腹減っただろ」と言って大吉が戻ってきた。

大吉は節子の夕食を作るためにおたふくを早退してきたのだった。

「おたふくに活きのいいサワラがあったからさ、これを刺身にして残りは塩焼きにしてさ。うまいぞ~」とサワラを見せる。

dc050204
五月が「お父さんが作るの?」と聞くと「お客に出すのはまだまだ無理だけど、家で食べるくらいなら。包丁も持ってきた」と機嫌よく準備を始める大吉を見て、最初は仏頂面だった節子もだんだん笑顔になった。

少しして長子が帰宅すると、家出した節子は戻って来てるし、なぜか五月はいるし、大吉は料理の真っ最中だし、驚きでいっぱいの長子。

大吉は真剣な顔で魚の身を包丁で切って刺身を作っている。

その真剣な眼差しを見つめる節子。

一切れ、一切れ切るごとに笑顔を見せる大吉。

節子もうなずきながら笑顔で見守っている。

dc050205
そして料理が完成。

刺身の盛り付けも上手で一同ビックリし、みんなから褒められ上機嫌の大吉。

節子が「あんなに生き生きとして楽しそうなお父さん初めて見ました」と言うと「料理は俺にとって遊びだよ。最高の遊びだな。遊びに夢中になれるなんて最高だな」と大吉は笑う。

「そうね・・お父さんもやっと自分の好きなことが出来る時が来たのね。そんなにお料理が好きなら仕方ありませんよね、板前になるのも」と節子が言うと大吉は了承してくれた事に驚きながらも笑顔になった。

五月が家に帰り、勇に節子が戻ってきたことを報告する。

そもそも節子の家出の原因になった大吉の退職について責任を感じていた五月は少しホッとしていた。

勇も「とんだ迷惑かけちゃったな・・」と心配顔。

そして五月が「ねえ、お義母さん大丈夫だった?うまく話してくれた?」と聞くと案の定文句を言っていたようだ。

キミに黙って岡倉に行ったことを後悔する五月だったが勇が「明日、お袋になに言われても知らん顔してろよ。相手になるなよ」と。

「分かってる。今から覚悟してる」と五月は笑った。

翌日、五月がキミに「夕べは勝手をいたしまして申し訳ありませんでした」と頭を下げるがキミは無視。

dc050206
「俺が悪かったんだよ。俺の一存で行かせちゃったからさ。勘弁してやってよ」と勇がかばうと「お前がかばうことないんだよ。母ちゃんね、五月の性根が情けないんだよ。そりゃね、お前の女房だからお前だけに断って行けばいいかも知れない。けどね、母ちゃんだってひとつ屋根の下で一緒に暮らしてんだから知らん顔はないだろ。人をバカにするにも程があるよ」と激怒。

「そんな大げさな事じゃないだろ」と勇が苦笑するとキミは「一事が万事なんだよ。母ちゃんのことバカにしてるから平気でそんなこと出来るんだよ」と怒りはおさまらない。

「私がいたりませんでした。お義母さんをバカにしてるとかそんな大それたこと。そんな気持ち毛頭ない・・」と五月が言いかけると「なかったらさ、黙って実家に遊びに行ける道理がないだろ。もう弁解はたくさん!五月の性根はしっかり見させてもらったからね」とキミは五月をイビリ続ける。

五月は深々と頭を下げ、その場を離れた。

しばらくして幸楽に久子(沢田雅美)がやって来ると、キミはすこぶる機嫌が悪い。

五月の悪口を言うキミに勇がとうとうキレて「母ちゃん、五月の気持ちも知らないで、五月がどんな思いで幸楽を守ろうとしてるか!健治(岸田敏志)くんの借金の尻拭いに500万というお金を岡倉から借りて・・」と言いかけると久子が「なあに?500万って?」と。

dc050207
言うなという五月を振り払い、勇は言葉を続ける。

「この際だからハッキリ言うけどな」と勇が言うとキミは「ああ、聞こうじゃないか!文句があるんだったら言ってごらんよ!」と怒鳴る。

言うのはやめてよ・・と五月は勇を止めるが、何も事情をしらないキミが五月をイビるのを見て事実を告げる覚悟だった。

・・・第22話へつづく・・・

第20話←あらすじ→●第22話

あらすじ一覧はこちら

スポンサードリンク


■第21話の感想

長子・・自分の下着を父親に干させるってどういう神経してるんでしょ?

私だったら絶対無理・・さすが図々しい長子だけありますね。

こんな家事も一切しない、出来ない女にしたのは節子なんですが。

そして節子も戻って来て、大吉が嬉しそうに料理をする姿にコロッといっちゃいました。

案外すんなりと許したんですね。

それからキミ・・一時は心が通じ合ったキミと五月でしたが、やっぱりイビリが始まりました。

あんたが文句グダグダ言うから言いにくくて黙って出かけるようになっちゃうんじゃないか!って言いたくなります。

言って出かけてもグダグダ・・言わないで出かけてもグダグダ・・どっちにしてもイヤミ言われます。

どうしろって言うんじゃーー!って感じですね。

まあ、渡鬼はこの赤木さんのイビリがないと物足りないんでしょうから、この先何十年も五月がいびられる姿を見ることになりますね。

勇はとうとう言う事にしましたが、視聴者がスカッとするような展開になるんでしょうか・・?

次回をお楽しみに。

関連記事

帰れま10

「帰れま10」2016:大人気焼き鳥店で旬の芸人たちが食べまくる!

// 2016年6月5日(日)に「帰ってきたぞ!帰れま10」が放送されます。 トレ

記事を読む

IMG_1649

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第29話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第29話のあらすじです。

記事を読む

no image

西田敏行さんベットから転落で首軽傷・・西田さんってどんな人?

俳優の西田敏行さん(68歳)がベットから転落して首を痛めたため、12日に収録予定の「探偵ナイトスクー

記事を読む

no image

桐谷美玲主演ドラマ「スミカスミレ」本日放送開始!体は20歳、心は65歳?!

桐谷美玲さん主演ドラマ「スミカスミレ」が今日から放送開始になります。 恋愛や大学生活という青春

記事を読む

img_2563

渡る世間は鬼ばかり2016スペシャル(前編)あらすじ

// 待ちに待った「渡る世間は鬼ばかり」2016年の2夜連続スペシャル放送が始まりました

記事を読む

no image

「ジュウオウジャー」2月14日放送開始!今度は動物だ!

ニンニンジャーも終わり、いよいよ明日から新しい戦隊ヒーローが登場します。 その名も 「動物戦隊

記事を読む

IMG_2077

ドラマ「ありがとう」警察編:あらすじ 第9話

// 水前寺清子さん主演ドラマ「ありがとう」第1シリーズ:婦人警官編の第9話のあらすじを

記事を読む

img_2734

「肝っ玉かあさん」第3シリーズ 第1話 あらすじと登場人物紹介 

// 平成28年10月3日からBS12で「肝っ玉かあさん」の第3シリーズの放送が始まりま

記事を読む

no image

「たくみお姉さん卒業へ」おかあさんといっしょ交代:新しいお姉さん紹介

前にブログで書きました 「おかあさんといっしょ」の人形劇が変わる?!おにいさんは?  記

記事を読む

dc042213

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第5話のあらすじです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017-11-06_163225
「明日がござる」あらすじ第1話と登場人物紹介

// 水前寺清子さんが主演のドラマ「明日がござる」の放送が

2017-09-22_1122067
渡る世間は鬼ばかり2017・3時間スペシャルあらすじ

// 2017年9月18日(月)に「渡る世間は鬼ばかり」3

IMG_1543
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第6話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1509
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1466
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第4話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑