「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第24話


「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズ 第24話のあらすじです。

写真もたくさん載せて詳しく書きました。

渡鬼ファンの方はぜひご覧ください!

003
岡倉家では葉子(野村真美)が大吉(藤岡琢也)と節子(山岡久乃)に今回の件を謝っていた。

節子:「あんたも良く分かったでしょ。口では偉そうに絶対結婚するなんて言っておいて結局親の言いなりになって好きな女も諦めるようじゃ、たいした男じゃないわよ。別れて良かったのよ」

大吉:「お前もさ、これで人生ってものが少しは分かっただろ。まあこんな事でクヨクヨしないでさ」

IMG_1443
すると葉子が「クヨクヨしてない!私したい事がいっぱいあるの。結婚なんてたくさん!」と笑って答えると大吉が「葉子!うちに帰って来なさい。もう一人でマンションなんかにいることないだろ」と言うと節子もうんうんとうなずく。

しかし葉子は仕事に集中してもっと頑張りたいからもうしばらく一人暮らしをしたいと言ってさっさと仕事に戻って行ってしまった。

結婚を前提に付き合っていた人と別れた割にはあまりにもあっけらかんとしている葉子にみんな呆れ顔。

弥生(長山藍子)が早めに病院に出勤し、入院患者の一人である坂口恵美(高橋恵利香)の病室に顔を出した。

学校に行けない恵美のために勉強を教えてあげようと思ったのだが、恵美は学校に行けるようになるかどうか分からないから勉強しても意味がないと言う。

IMG_1444
恵美は病気で手足が動かせず、ずっとベッドに寝たきり状態なのだ。

本人は知らないが本当は学校に通える望みはない・・しかし弥生は学校が好きな恵美に希望を持たせてあげたいと思っていた。

仕事が終わって葉子がマンションに帰宅すると部屋には太郎がいて大量の荷物の整理をしている。

「今日からここで一緒に暮らす!君のご両親にもうちの両親にも結婚するってちゃんと宣言したんだ。晴れて一緒に暮らせるってわけだ」と太郎は荷解きしている。

葉子:「だって私たちどっちの親からも結婚を反対されてるのよ」

太郎:「だから一緒に暮らさなきゃならないんじゃないか。親たちがどんなに反対しても俺たちは絶対に結婚するんだって意思をはっきり示さないとな」

葉子:「知らないわよ~そんなことしたらたちまち勘当されて次期社長どころか会社クビになっちゃうわよ」

太郎:「いいよ~やれるもんならやってみろって言うんだよ。いつまでも親の言いなりになってると思ったら大間違いだってことを親父にもお袋にも思い知らせてやるんだ。どんな事があったって君と結婚するぞ!それが男の責任ってもんだ」

太郎はちょっと楽しそう。

IMG_1445
「私のことならいいの。もう諦めたんだから」という葉子に「そんなわけにはいかないだろ。俺はどんな事があったって君と別れないからな」と太郎は言い、これから二人暮らしをするんだという楽しみでウキウキの太郎。

それとは反対にちょっと冷めた様子の葉子だった。

翌日の朝の野田家。

弥生が朝食の支度に追われていると良(前田吟)がまた仕事の事で弥生に文句を言う。

すると弥生が今度の27日に家族みんなで岡倉に行こうと話すと、良は忙しいから3人で行って来いと言い、あかり(山辺有紀)は友達とコンサートに行くから無理と言い、武志はみんなが行かないなら行かないと言う。

IMG_1446
実は今度の27日は弥生の誕生日。

料理が上達した大吉が弥生の誕生日に料理をたくさん作ってお祝いしたいから家族みんなで来るようにと提案したのだが、良もあかりも武志も誰一人として弥生の誕生日だと気付いていない。

弥生の心は空しさでいっぱいだった。

そして節子に、みんな都合が悪いから誕生会はキャンセルで・・と電話するとそばで聞いていた大吉は「年に一回の事なのに・・良くんも思いやりがない男だな」と怒る。

そこに来客が。

誰かと思ったら太郎の母の政子だった。

あの件は決着がついたはずなのに今頃なんの用なんだ?と大吉も節子も慌てる。

部屋に通された政子は大吉に事情を話した。

そして大吉が節子に「太郎くんが家を出て葉子のマンションで一緒に暮らしてるそうだ」と言うと節子はビックリ。

政子:「何が何でも結婚する!それが男の責任だ・・って言い張って、私どもの言う事なんて聞かないんですの。お宅のお譲さんもお譲さんです。別れる事は承知したのにどうしてこんな事に。いったいご両親はどんなお考えなんでしょうか?」

IMG_1448
節子:「まあ・・そんな事になってるなんて全然存じませんでした」と驚く。

政子:「まあ、そんな無責任な。だったら今すぐお嬢さんに太郎と別れるように話して下さい。太郎はお嬢さんにそそのかされて・・」

節子はその言葉を聞いて憤慨する。

政子:「太郎は気持ちの優しい子です。お宅のお嬢さんに責任をとれと言われたら冷たく知らん顔出来ないでしょう」

節子:「冗談じゃありませんよ!お宅の坊ちゃんが押しかけていったんじゃないんですか?葉子ははっきり諦めるって言ったんです。うちの葉子だって親と約束したことを破るような子じゃありません。そんな育て方してません!言いがかりもいいとこですわ!」と怒る。

すると政子が「あら?それじゃどうして太郎を追い返して下さらないんですか?どうして黙って一緒に暮らしてるんですか?」との問いに「お宅の坊ちゃんが居座ってるんじゃないですか?葉子だっていい迷惑です」と節子。

「まあ・・いい迷惑だなんてなんてこと・・。自分のマンションに太郎を引っ張り込んでおいて」と政子も怒る。

ここまで黙って聞いていた大吉が「ここでこうやって言いあってても水掛け論でしょ。また二人を呼んで直接本人たちの気持ちを聞いた上で善後策を講じるということで・・」と言うと政子が念押しで「それじゃ今でも二人を結婚させないということに変わりはないんですね?」と聞くと大吉は「もちろんです」とキッパリ言い切る。

それを聞いて政子は安心し、失礼なことを言ったと二人に謝った。

政子が帰ったあと節子が「太郎さんって人もやるもんですね。家飛び出して葉子の所へ来るなんて本当に葉子と結婚するつもりなんですよ。ちょっと見直しました。そこまで出来る勇気がある男だったなんて思ってもみませんでした。なかなか出来る事じゃありませんよ」と太郎を褒めると大吉が「お前なにをバカな事を言ってるんだ。一番迷惑してるのは葉子なんだよ!」と怒鳴る。

それでも節子は「太郎さんってきっといい人なんですよ。いざとなったら結婚させてやってもいいかも知れませんね」とウキウキ。

しかし大吉は「あんな男、親に縁切られたらただの男だよ、結婚は絶対反対だ!と節子に怒鳴ったが「もし親に縁を切られたら長男だって自由になれるんですよ。うちに婿養子に来てくれることだって出来るじゃないですか。お互い好きならなにも生木を裂くような真似をしなくても・・ねぇ」と大吉にニヤリ。

節子のちゃっかりした考えに大吉は呆れて物も言えない。

その頃、葉子は太郎へ家に帰るように説得していた。

しかし太郎は聞く耳を持たず、今夜の親との話し合いの場には必ず出席するようにと言って出社して行った。

そして夜、またホテルの個室に集まった5人。

IMG_1449
政子が説得するが太郎は絶対別れないの一点張り。

すると政子が「あなた、母さん捨てるつもり?母さんより葉子さんの方がいいって言うの?」と泣き出すと葉子が「太郎、私は結婚は諦めたって言ったでしょ?お母様の所へ帰ってあげて。本当に私のことならいいんだから。私には仕事がある。淋しくなんてない。責任とってもらおうだなんて思ってない。私のことは忘れて。太郎のためにも私のためにも私たち別れた方がいいの。ご両親を泣かせて太郎の将来を引き換えにしてまで結婚する資格なんてないのよ。それが良く分かったの」と言うと、それを聞いていた政子が「葉子さん・・」と言って頭を下げた。

そこまで言ってもまだ別れないと言う太郎に「私は結婚したくないって言ってるの。両親にも誰にも祝福されない結婚なんて惨めじゃない」と言うが太郎は「結婚を認めてくれるまでは家には帰りません。それだけです」と言い葉子を無理やり連れて帰っていった。

政子はどうしたらいいものかと途方に暮れるのだった。

家に帰って来た節子が「なかなか立派でしたね~太郎さん。葉子は幸せ者ですよ」と言うが大吉は「葉子は別れてくれと言ってるんだよ。黙って別れりゃいいじゃないか」と苦い顔をする。

節子が「葉子は太郎さんに任せておけばいいんです。私、安心しました。これから時々葉子の所へ行って手伝いをしてきます。太郎さん何が好きなのかしら?聞いておかなくちゃ」と嬉しそうに張り切っている。

後日、節子が葉子のマンションを訪ねるとちょうど太郎が帰って来たところだった。

節子が作って来た料理をいろいろ並べて夕ご飯の用意をすると「お義母さんが僕たちの味方になって下さったなんて本当に心強いです」と感謝し、節子も「葉子をよろしくお願いします」と笑顔で答えた。

そこへ葉子が帰宅。

節子が来ている事にビックリし「母さん、何しに来たの?」と聞くと太郎から節子が味方になってくれたと聞き、葉子は迷惑そうな顔をした。

IMG_1450
弥生が勤務を終えて帰る前に恵美の病室を訪れる。

「今日も勉強しましょうね」と弥生が言うと恵美が「今日はいい。今日は早く帰った方がいい。野田さんお誕生日じゃないの?おうちの人たち待ってるわよ」。

その言葉に驚く弥生。

「いつか名前のこと聞いた事があるでしょ。そしたら弥生って3月のことで、3月に生まれたからだって。だから3月になったら他の看護婦さんに誕生日が何日か聞いたの」と恵美。

「そう・・。うん、今日誕生日なの」と弥生が微笑む。

「その机の上に包みがあるの。私からのプレゼント。婦長さんにお願いして買ってきてもらったの」

弥生はプレゼントの袋を手に取り胸に抱え「嬉しい・・。開けていい?」と聞くと「ダメ、恥ずかしいからおうちに帰って開けて。中にテープが入っているの。それも婦長さんにお願いして録音してもらったの。帰って聞いてね」と恵美が言うと弥生は恵美の頭をなでながら少し涙ぐんで「ありがとう。野田さんの誕生日覚えててくれたの、恵美ちゃんだけ・・。本当にありがとう」とほほ笑んだ。

IMG_1451
弥生が家に帰ると、あかりも武志もいなかった。

台所に行くと相変わらず食べた食器は後片付けもせずそのまま放置してあり、弥生はため息をつきながら片付けを始める。

ふと恵美からもらったプレゼントのことを思い出し、袋からカセットテープを取り出し聞いてみた。

恵美がハッピーバースデーの歌を歌っている。

袋の中を見ると入っていたプレゼントはハンドクリームだった。

「私は野田さんの手が好きです。私の髪をとかしてくれたり、顔や体を拭いてくれたり、着替えさせてくれたり、布団を直してくれたり、ご飯を食べさせてくれたり、注射をしてくれたり、薬を飲ませてくれたり、いろんなことをしてくれる野田さんの手をいつも見ています。とても優しくてとてもあったかい手。見てると胸があったかくなります。心が休まるのです。けど時々荒れててかわいそう。きっと病院でもおうちでもいつも水を使っているからでしょう。でもいつもいつまでもキレイな手でいて欲しいの。恵美の大好きな大事な手だもん。だからハンドクリームを贈ります。恵美より。ママより大切な野田さんへ」

涙を流しながら恵美のメッセージを聞く弥生。

IMG_1452
「ありがとう・・恵美ちゃん。誰も誕生日を覚えててくれなくていい。今日は本当にいいお誕生日だった」と言ってほほ笑んだ。

そこへ電話が。

出ると警察から武志を補導したとの連絡だった。

慌てて良の会社へ電話し、一緒に警察に行って欲しいと頼む弥生。

良と弥生が警察へ行き、武志を引き取って家に帰って来た。

部屋に入るなりいきなり武志を殴る良、止める弥生。

IMG_1453
弥生を振り払い何度も武志を殴った。

どうやら武志はいじめグループに加わり、いじめた人間を殴って怪我をさせた上、恐喝してお金を巻き上げたのだった。

弥生は「武志はグループのボスに命令されて仕方なく殴っただけよ、巻き込まれただけ」と武志をかばうが良は「そんなお前が情けない」と怒鳴る。

すると武志が、家に帰って来てもいつも一人ぼっちで仲間が欲しかった。淋しかったと。

それを聞いた良は弥生が仕事をしているせいだと弥生を責め始める。

弥生はとうとう「私、お勤め辞めます」と良へ言い、武志へ近づき「それでいいのね?」と聞いた。

うなだれる武志。

「お母さん、本当にお勤め辞めるの?」と弥生へ聞くと黙ったままの弥生。

そこへ宅急便が届く。

送り主は良の母のハナ(杉山とく子)だった。

良が「何だ?」と言って開けると中には包みが入っており「お誕生日おめでとう、弥生さん」というメッセージが入っていた。

それを見てハッとする良。

「弥生、今日誕生日だったのか・・」良の言葉に武志もハッとする。

ハナは弥生の誕生日には毎年必ずプレゼントを贈ってくれていた。

ハナの優しさが身に染みた弥生は、良から包みを受け取り胸に抱え大きな声を出して泣いていた。

IMG_1454
弥生にとってみじめな39歳の誕生日となった。

・・・第25話へつづく・・・

■感想

結婚のゴタゴタで葉子はすっかり結婚する気をなくしてしまったようですね。

結婚より仕事が面白くなってしまったんでしょう。

それにしても弥生の患者の恵美(えみ)ちゃんはなんていじらしいんでしょうか。

親にも見捨てられかわいそうな子です。

夫も子供も覚えててくれなかった誕生日を覚えててくれたんですから、そりゃ嬉しいですよね。

それにしても武志・・家に帰って来ても一人で淋しいから悪い事をしたって・・。

昔は「鍵っ子」って言葉があり、両親が遅く帰って来る子は一人で留守番したもんなんですが。

今は学童保育とかあって学校で宿題をさせておやつも食べさせてくれたりするんですもんね。

武志もあかりも甘やかされて育ったツケが今きてるって感じです。

第23話←あらすじ→●第25話

あらすじ一覧はこちら

関連記事

no image

嵐の大野智さんドラマ主演決定!2016年4月より放送・過去ドラマ一覧あり

嵐の大野智さんが4月から日本テレビ系のドラマ(水曜夜10時放送)で主演することが決まりました。

記事を読む

画像2

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第15話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第15話のあらすじです。

記事を読む

dc041601(修整1)

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第17話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第17話のあらすじです。

記事を読む

f8b45_1212_84f6e509c6bbd5f8f4533d05f0d6a760

千秋、再婚!!相手はこの人か?氏名、写真も掲載!

タレントの千秋さん(44歳)がなんと、15歳年下のTBS社員と再婚することが分かりました! ネ

記事を読む

no image

絶品かき氷「セバスチャン」:ドルチェ氷を使った冬でも美味しいかき氷って?

今日の「ヒルナンデス」で放送されました絶品かき氷についての情報です! こんな寒い冬にか

記事を読む

92110-1

赤木春恵さん太もも骨折:病状と現在の状況は?復帰は?

「渡る世間は鬼ばかり」に欠かせない女優、赤木春恵さん(92歳)が太ももを骨折。 病状、現在の状

記事を読む

IMG_1640

不機嫌な果実:最終回の予告&小説・旧作のラスト紹介

// ドラマ「不機嫌な果実」がいよいよ2016年6月10日(金)に最終回を迎えます。

記事を読む

IMG_1106

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第46話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第46話のあらすじです。

記事を読む

51zoaUlRGjL__SY355_

May.Jはなぜこんなに嫌われる?3枚目カバーアルバムの現状

歌手のMay.Jさんはヒット曲もあり歌唱力もあるのですが、いまひとつ人気が伴いません。 ざっく

記事を読む

gelatocase

世界一濃い抹茶ジェラートが美味しすぎる!お店はどこ?どんな味?

「世界一濃い抹茶ジェラート」 が今日のズームインサタデーで放送されました。 世界一ってど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017-11-06_163225
「明日がござる」あらすじ第1話と登場人物紹介

// 水前寺清子さんが主演のドラマ「明日がござる」の放送が

2017-09-22_1122067
渡る世間は鬼ばかり2017・3時間スペシャルあらすじ

// 2017年9月18日(月)に「渡る世間は鬼ばかり」3

IMG_1543
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第6話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1509
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1466
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第4話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑