「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第3話


橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリーズ 第3話のあらすじです。

長子の夫の昌之が突然亡くなりました。

残された長子はどうなるのでしょうか?

そして今回は渡鬼には欠かせないある人が登場します!

■第2話を途中で書き終わっていたことに気付き、5/31に続きを追加しました。5/31以前にご覧になりました方はもう一度第2話をご覧ください■

スポンサードリンク


007
五月(泉ピン子)がお葬式から帰ってきた。

着替えをしていると勇(角野卓造)が来て、新しくなった幸楽をオープンするにあたって何かをお金が入り用になったグチを言うと「お金がなによ!借金したって働けるうちが華なのよ。昌之さんみたいになったらおしまいよ」。

長子(藤田朋子)を心配する勇に「まだ実感ないんじゃないかな。会社の人が取り仕切ってくれてお通夜もお葬式もあっという間に済んじゃったでしょ。長子はただぼーっとしてるだけ。ツライのはこれからじゃないの?」と五月。

「あっけないもんだな、人間なんて」勇はため息をついた。

013
幸楽を新しくオープンすることで人手が足りなくなり新しい従業員が加わった。

田島周平(岡本信人)。
IMG_1370
実は幸楽のラーメンの味が気に入り、いつかこんなお店を持ちたいとサラリーマンを辞めて幸楽で修業することになったのだ。

幸楽は開店を控えその準備で大忙しの中、久子(沢田雅美)がいないことに気付いた勇。

するとキミ(赤木春恵)から「久子は新居に必要なものを買い物に行った」と聞かされる。

それを聞いて勇が「冗談じゃないよ!五月は昌之さんの葬儀が終わって少しでも長く長子ちゃんのそばにいてあげたいのに慌てて帰って来たんだよ。何が買い物だよ!『これからはお店手伝うから五月さんと同じ給料ちょうだい』って言ったってそういう性根じゃお断りだな」と怒り出し、焦ってそれを止める五月。

黙って聞いていたキミが「何かって言うと五月と比べられて。やってらんないわよね久子も」と急に機嫌が悪くなる。

勇が五月をかばうことでキミの機嫌は決まって悪くなり、肩身の狭い思いをする五月だった。

013
昌之のお葬式も終わり、まるで抜け殻のような長子。

そんな長子を心配する大吉(藤岡琢也)と節子(山岡久乃)はしばらく長子のそばにいると言い、長子も少し安心した様子。

実は亡くなった昌之には母親違いの兄がいた。

名前は遠山孝男(芹澤名人)。

昌之は中学を卒業してすぐに家を飛び出したため、その兄とはずっと連絡もとらず疎遠になっていたが亡くなったことを連絡すると福島県から駆けつけてきたのだった。

「まさか福島のお兄さんが来ると思いませんでしたね。昌之さんとは腹違いでずっと付き合ってなかったって言うのに」節子が少し呆れた様子で話すと「だからって知らせない訳にはいかないだろう」となだめる大吉。

「お通夜もお葬式も親戚代表って大きな顔して!」節子が怒った顔をすると「もう過ぎたことじゃないか。もう二度と会うこともないんだから」。

そこへ孝男が部屋に入って来た。

「長子さんへお客さんだ。わざわざ昌之のお参りに来て下さったそうだ」。
IMG_1372
長子がふと見るとそこには昌之の手術をした本間先生(植草克秀)の姿が。

「ずっと手術や目の離せない患者がいまして、お通夜にもお葬式にも伺えませんでした。申し訳ありませんでした」と頭を下げる。

長子は怒った目でずっと睨んだまま。
IMG_1371
そして「帰って下さい!この人が昌之さんを殺したんです!まだ駆け出しのくせに勝手に手術して。手術しなかったら助かったかも知れないんですよ。助からなかったとしてもそのままにしておいてくれたら生きてる間にあの人に会えたかも知れないんです。知らない病院で勝手な真似されて家族の誰にも会えずにたった一人ぼっちで死んだんです。そんなひどいことってありますか?どうして手術なんてしたんですか?失敗するような手術だったらしないでそのままにしてくれた方がいいじゃないですか」涙を流し本間に抗議した。

IMG_1373
黙って聞いていた本間が正座し「それはご説明したはずです。あのくも膜下出血では手術しても助かる見込みはほとんどなかったんです。ただ私は・・万に一つの希望にかけて踏み切ったんです。もちろん私は駆け出しです。でも脳外科の手術には何度も助手を務め執刀もしてきました。私の判断に間違いはなかったし手術にミスはなかったと信じています。教授もそれを認めてくれているんです」とはっきり言い切った。
IMG_1374
しかし長子は納得せず、裁判を起こしてでも本間にミスを認めさせると言うと「どうぞ奥さんのお気の済むようになさって下さい。ただ私は最善を尽くしたと思っています。今でもその気持ちは変わりません」と答え頭を下げて帰っていった。

「母さん塩!アイツに塩まいて!」怒鳴る長子に「落ち着きなさい!先生だってさ、しなくて済むなら誰があんな面倒なことするもんか。ダメだと分かっててももしやと思ってやって下さったんだよ。恨んだりしたらバチ当たるぞ」大吉は泣きながら長子を叱るとそれでも長子は「下手な手術だったらしてもらわない方がいい!生きられたかもしれない患者を殺すようなことして・・」泣きながら言い返した。

そこへ本間を見送った孝男が戻ってきて「長子さん、せっかく来て下さった先生にあんなことを!もう済んだことだ。穏便に済ませて欲しいってのが遠山家の意向だから。余計なことはもう」と話す。

しかし長子は「私は昌之さんの妻です。手術のミスを認めさせるのが私の務めだと思っています。お義兄さんのお世話にはなりません」とはっきり答えた。

すると孝男が「・・このことは昌之の四十九日が終わってからゆっくり話そうと思ってたんだけど、ちょうどお父さんもお母さんもいるからここではっきりさせておいた方が・・。長子さんはまだ若い。このまま一生未亡人でいるって訳にはいかないでしょう。そりゃ遊(山辺江梨)もいるけど遊は他人だ。他人のために一生を犠牲にすることはない」。
IMG_1375
黙って聞いている長子。
IMG_1376
「遊のことは心配してもらわなくていい。俺たちが引き取って面倒を見る」と言い出す孝男に「バカなこと言わないで下さい!遊ちゃんをそんな見ず知らずの所へ・・」長子が怒って言い返す。

すると孝男は笑いながら「見ず知らずはないでしょう。昌之とはいろいろあって疎遠になってたけど、なんて言っても俺は遊にとってたった一人の血のつながったおじだ。知らん顔は出来ない。そりゃあんたは戸籍上は母親だけど血のつながりはない。責任を感じることはないんだ。遊にしばられて長子さんの青春を犠牲にすることなんかないんだよ。ね、お父さん」と大吉に同意を求めた。

大吉は怖い顔でじっと孝男を見ている。
IMG_1377
「遊ちゃんを福島に連れてって亡くなった昌之さんが喜ぶと思ってるんですか?」長子も怒った顔で話すと「何も遊を福島に連れていくなんて言ってないよ。俺と女房がこの家に来ればいいことなんだから。福島の田畑は人に作らせれば済むことだ。子供も二人とも東京に出てきてるし、この辺で俺たちも東京に出てきて仕事でも探して。ここだったら遊を今の学校に通わせてやれる。しっかり面倒も見てやれる」。

孝男はとんでもないことを言い出した。

自分たちがこの家に住んで遊の面倒を見ると言い出したのだ。

あまりに一方的な話に大吉が「ちょっと待って下さい。それじゃ長子はどうなるんですか?ここから出ていけとおっしゃるんですか?」。
IMG_1379
すると「昌之は死んだんだ。いつまでもここにいることないでしょう?岡倉さんだって長子さんのことを思ったら早いこと遠山の籍から抜いて再出発させてやるのが親じゃないですか?それに遺産相続のことですが、確かに長子さんは昌之の女房で二分の一の相続権はある。だけど妻だったのはたったの二年だ。たった二年ばっかで何の内助の功もないのに半分持ってくってのは厚かましいんじゃないのかな?」。

あまりの失礼さに節子が怒りだすと「遺産は遊のものだ。遊のために出来るだけのものを残してやりたいんだ。長子さんには弁護士と相談して昌之と遊に尽くしてくれた二年間分の遺産は差し上げる」と孝男。

長子は涙を浮かべ「私は遠山の籍を抜くつもりはありません!」と言い返すと「そうかい。籍を抜かなかったら遺産の半分はあんたのものだもんな。それをもらってから籍抜いて好きな男と一緒になった方が利口ってもんだ。そん時は邪魔な遊は平気で捨てていくんだろ」。

あまりにもヒドイ言い分にカッとなった長子は「出て行って下さい!ここは昌之さんと私と遊ちゃんの家です!帰って下さい!」と怒鳴り怒りに満ちた表情で睨んだ。
IMG_1380
013
スポンサードリンク


013
孝男が帰った後、節子は弥生(長山藍子)や文子(中田喜子)に事情を話すと心配した2人がすぐに駆けつけた。

「今まで付き合ってもいなかった人が良くそんなことが言えるわね」弥生も孝男の言動に呆れ返っている。

文子も「福島のお兄さんには相続権がないのにどうして?」と疑問に思うと大吉が「だから遊ちゃんを引き取るって言いだしただろう?遊ちゃんに遺産を相続させて自分が遺産後見人になればこの家にも住めるし会社だって自由に出来る。金だって使えるんだ」。

「そんなことさせはしないわよ。そんなことしたら遊ちゃんが可哀想よ。遊ちゃんは私が守るの。この家は絶対に出ていきませんからね」長子の決意は固い。

IMG_1381
しかし節子としては孝男の言うように未亡人のまま血のつながらない子供の面倒を一生見ていくつもりなのか?と心配もしていた。

節子の考えを聞いて弥生も文子も同じような考えで『遊ちゃんは福島のお兄さんに任せればいい。また実家に戻ってきて再出発した方がいい』と言うが、2年間一緒に暮らしてきた長子は遊に対して愛情もありそんな無責任なことは出来ないと言い返す。

「幸せなんて人によって違うんだよ。長子の気の済むようにさせればいい」大吉だけは唯一賛成してくれた。

013
リニューアルした幸楽オープンの日。
IMG_1382
心機一転みんなで仲良く頑張っていこうとキミがみんなにはっぱをかける。

しかし久子(沢田雅美)だけがまだ下におりてきておらず健治(岸田敏志)がやきもきしていた。

その時久子はのん気にテレビを見ながらのんびり化粧をし、みんなに遅れてやっと下におりてくると健治に「何やってたんだよ!」と文句を言われる。

「食事の後片付けに洗濯や掃除もあるし。することが山ほどあるの。男とは違うんですよ」悪びれた様子もなく答えると「五月さんはもう来てるんだぞ」とまたまた五月と比べられ久子は怒り出す。

いたたまれない五月は「私は慣れてるんです。久子さんだってそのうち慣れますよ」久子をかばうとキミが「五月はね、洗濯なんか夜のうちにやってるんだよ。掃除は昼休みにしたり。朝はね、人手が足りないんだから合間見て家のことをするようにしなきゃ。朝やってたんじゃ間に合わないんだよ!」と久子を叱った。
IMG_1386
キミに注意されだんだん機嫌が悪くなった久子は「なんなのよ朝から文句ばっかり。やっぱり一緒に住むんじゃなかったわ!」へそを曲げた。
IMG_1387
013
幸楽は今日オープンで人手が足りないだろうから誰か手伝いにいかないと・・と気をもむ節子。

初めは節子が行くつもりだったが今日は昌之の初七日の日でもあり、節子は長子の所へ行くことに。

自分の代わりに幸楽へ行ってくれないか?と葉子に頼んだ。

しぶしぶ引き受ける葉子。

013
しばらくして葉子が幸楽へ到着する。

葉子が来たことにビックリした五月が「どうしたの?」と尋ねると「母さんが手伝いに行けって」葉子が笑う。

さっそくキミに挨拶すると「葉子さんじゃないの。あなたハワイにいるんじゃないの?」と言われ「事情があって離婚して帰ってきたんです。本当は母がお手伝いに伺わなきゃならないんですけど、ちょうど長子のところが初七日なものですから」葉子が明るく答えた。
IMG_1388
葉子の言葉にキミの表情がだんだん険しくなり「せっかくですけどね。辞退させて頂きます。こんなこと言いたくないけどさ~うちは今日は大事な開店の日なのよ。不幸があった岡倉さんから手伝いをよこすなんて迷惑よ。しかも離婚した人をよこすなんてさ。縁起が悪いじゃないの。岡倉のお母さんも非常識ね」と迷惑そうな顔をした。
IMG_1389
それを聞いていた久子も「そうだよね~『死ぬ』とか『夫婦の仲が壊れる』とかこういう時は縁起を担いじゃうよね」と同調する。

葉子は思ってもいなかったことを言われて何も言葉が出ない。
IMG_1390
葉子は「・・気が付きませんでした。失礼しました」頭を下げて足早に帰っていった。

傷ついた葉子を心配して慌てて後を追う五月。

「せっかく好意で来てくれてるんだからさ~そんなはっきり言うことないじゃないか!」勇がキミに抗議すると「あんな無神経な人にはハッキリ言ってやらなきゃ分かんないのよ。しかし岡倉さんもツイてないわね。そんな運もらったらたまんないわよ。久子!お塩で清めておくれよ!」キミはすっかり機嫌が悪くなってしまった。

013
昌之の初七日には大吉、節子、弥生、文子が集まってくれた。

「福島のお兄さんから連絡あった?」節子が長子に尋ねるが連絡はなかったと。

それを聞いて「遊ちゃんを引き取るとか言ってたくせに」節子が呆れると「はっきり断ったから諦めたんでしょ」長子は笑った。

013
みんなが帰ったあと長子は遊を元気づけるために部屋でカラオケをしている。

「お父さん聞いてるかな」遊は亡くなった昌之に聞いてもらいたいようだ。

その時、突然また孝男がやって来た。

遊の顔を見て「遊ちゃん淋しかったべ。もう大丈夫だ。おんちゃんたち来たからな」。
IMG_1392
そして玄関の外に向かって「さ、入れ!入れ!」と声をかけた。

長子が外を見るとそこには孝男の妻が。
IMG_1391
「なんて立派な家だこと。昌之さんも大したもんだね。初めてお目にかかります。遠山の家内でございます」と長子に頭を下げた。

長子は訳が分からず戸惑っていると孝男の妻も遊に近寄り「遊ちゃん大変だったね。かわいそうに。でももう心配ないよ。これからはおばちゃんがついてるから。淋しい思いはさせないからね」遊の手を握り声をかけた。

そして孝男と妻は長子に断りもなくさっさと部屋に上がり込む。

「ずいぶん広いね~これならうちの子供ら呼んでも大丈夫だ」孝男の妻は家の中を見回し喜んでいる。

長子は2人の言動に不安でいっぱいになった。

そして2人は昌之の遺骨に向かって手を合わせ「昌之、安心しろ。遊ちゃんは俺たち夫婦が預かる。俺たちの子供のつもりで立派に育てるから。子供には父親と母親がついてなきゃな。長子さん一人じゃ無理だ」「私が母親代わり勤めさせてもらいます。遊ちゃんのことは心配しないで」と語りかけた。
IMG_1393
不安な面持ちでそれをじっと聞いている長子と遊。

孝男と妻はこの家に勝手に乗り込んできた。

そして長子を追い出し遊と一緒にこの家で住むつもりらしい。

この2人から遊をどう守っていけばいいのか不安に思う長子だった。
IMG_1394
・・・第4話へつづく・・・

第2話←あらすじ→●第4話

■第2シリーズのあらすじ一覧はこちら

■第1シリーズのあらすじ一覧はこちら

スポンサードリンク
あらすじを読んでドラマが観たくなったら宅配レンタルが便利ですよ。古いドラマなので店頭にない場合が多いです。私もこのあらすじを書くのに利用しています。30日間無料でお試し出来ますよ。




関連記事

IMG_1678

ベッキー、謝罪会見から5ヶ月ぶりに記者会見:今日から復帰

// 不倫問題により芸能活動を休んでいたベッキーが本日、2016年6月10日(金)に記者

記事を読む

画像1

ドラマ「僕のヤバイ妻」にあの二世俳優出演!親はあの人で顔は似てる?

// あの二世俳優の両親はヒロミさん&松本伊代さんそして竹下景子さん。 二人の紹介

記事を読む

dc042221

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第6話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第6話のあらすじです。

記事を読む

IMG_1585

ドラマ「ありがとう」警察編:あらすじ 第5話

// 水前寺清子さん主演ドラマ「ありがとう」第1シリーズ:婦人警官編の第5話のあらすじを

記事を読む

no image

桐谷美玲主演ドラマ「スミカスミレ」本日放送開始!体は20歳、心は65歳?!

桐谷美玲さん主演ドラマ「スミカスミレ」が今日から放送開始になります。 恋愛や大学生活という青春

記事を読む

NAMAIKI

中村繁之、ノンストップに出演:今は何してるの?

4月4日放送の「ノンストップ」に中村繁之さんが出演します。今の若い人は知らないかもしれませんが、あの

記事を読む

得する人損する人

「得する人損する人」サイゲン大介のレシピ

日本テレビで毎週木曜日に放送されている「あのニュースで得する人損する人」。 いろいろなコーナー

記事を読む

IMG_2328

「時をかける少女」2016 第3話あらすじ・翔平が美羽に告白・・

// 2016年7月9日(土)から放送が始まりました「時をかける少女」。 あの名作

記事を読む

dc042207

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第3話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第3話のあらすじです。

記事を読む

no image

椎名桔平さん新ドラマ「メガバンク最終決戦」14日放送開始!

俳優の椎名桔平さんが主演するドラマ「メガバンク最終決戦」が2月14日から放送となります。 この

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017-11-06_163225
「明日がござる」あらすじ第1話と登場人物紹介

// 水前寺清子さんが主演のドラマ「明日がござる」の放送が

2017-09-22_1122067
渡る世間は鬼ばかり2017・3時間スペシャルあらすじ

// 2017年9月18日(月)に「渡る世間は鬼ばかり」3

IMG_1543
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第6話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1509
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1466
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第4話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑