「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第4話


橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリーズ 第4話のあらすじです。

亡くなった昌之の兄と妻がいきなり家に押しかけてきました。

長子と遊はどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク


007
大吉(藤岡琢也)は6月中旬に行われる調理師資格の試験のため、毎朝5時に起きて勉強をしていた。

「合格するわけがない」と節子(山岡久乃)や葉子(野村真美)は内心思っていたが、大吉は「絶対合格して自分のお店を開きたい」と意欲的だった。

するとその時、長子(藤田朋子)から節子に電話が。

013
長子は大吉と節子に家に来てもらい、亡くなった昌之の腹違いの兄、孝男(芹澤名人)と妻の茂子(岡本茉里)に話をつけて欲しいとお願いした。

長子が遊(山辺江梨)を学校まで送っていった留守の間、孝男と茂子はまるで自分の家のように振る舞っている。

茂子は布団を干しながら「布団もいい物ばっかりいっぱいあるわ。家から持ってこなくて良かった。昌之さんは長子さんの言いなりになって何でも買ってやってたんだね。何から何まで贅沢な物ばっかり。福島の家とは大違いだ」と喜ぶ。
IMG_1458
そして勝手に冷蔵庫を開け「ずいぶん大きな冷蔵庫だね。これなら何でも入るわ。運送会社って儲かるんだね。遺産ってどのくらいあるの?」茂子が尋ねると「弁護士が調べてるけど運送会社もトラックがいっぱいあるみたいだし、株式会社って言っても昌之一人が株を持ってる状態だからな」孝男はホクホク顔。

「じゃあ遊ちゃんが遺産を引き継いだらどうなるの?」

「俺が遊ちゃんの後見人になるんだ。俺が会社を見てやんなきゃ仕方ねぇべ。つまんねぇ連中に勝手なことされたんじゃ昌之も遊も可哀想だべ」孝男の言葉に「そりゃそうだね」茂子は笑った。

「だけど・・長子さんはおとなしく籍を抜くかね?」茂子が心配すると「2年やそこら遠山の人間になったからって女房面出来るわけねぇべ。させやしねぇ」。

孝男と茂子は何が何でも長子を追い出して、この家と遺産を独り占めする気だった。

013
節子は出かける準備をし、大吉にも早く支度をするよう催促すると「行くことないだろ?行って何を話せって言うんだ?母さんは長子に遠山の籍を抜いて帰ってきて欲しいんだろ?だったら福島のお義兄さん夫婦が来てくれて遊ちゃんの面倒見るって言うんだから結構な話じゃないか。長子だって諦める気になるだろ?」。

節子も長子が帰って来てくれることを望んではいるが、当の長子はあの家に残って遊の面倒を見るつもりでいる。

あんな人たちに太刀打ち出来ない長子が心配な節子。

大吉から「福島のお義兄さんと良く話し合って出て行ってもらうか、出て行かないって言うんだったらあの家で遠山の籍のまま一緒に暮らすか、それとも籍を抜いてここに戻ってくるか、それは長子の問題だ。長子が解決することだろ。親の出る幕じゃないよ」と言われる。

葉子からも「そうよ!本当に遊ちゃんとの暮らしを守りたいって気持ちがあるんだったら自分で戦ってお義兄さん夫婦を追い出すくらいの情熱がなきゃ。お父さんとお母さんを頼ろうなんて甘いのよ」と言われ、渋々行くのをやめる節子だった。
IMG_1459
013
遊を学校に送り、思い足取りで家に帰ると孝男と茂子は昌之が遺した高いお酒を飲んで上機嫌。

長子がリビングに入ると孝男から「遊が学校に行くのにいちいち送り迎えしてたんじゃ遊のために良くないんじゃないの?」と言われ、茂子からも「長子さん、遊ちゃんをずいぶん甘やかしてるようだけどそれではいつまで経ってもしっかりしないよ」。

「ま、遊は俺たちが預かることになるんだ。長子さんに余計なことは言う必要ないけどな」。

「あの・・」長子が反論しようとすると「岡倉さんから電話があった。今日は来れないそうだ」孝男から言われ、大吉も節子も来てくれないことを知る。

すると茂子が「長子さん、岡倉のご両親に来てくれるように頼んだの?何もわざわざご両親に相談することないでしょ。あんたもう何でも一人で決められる年なんだから」イヤミたっぷりに皮肉った。

黙って聞いていた長子はとうとう怒りが爆発し「じゃ、はっきり言わせて頂きます!ここは遊ちゃんと私の家です。これから遊ちゃんと2人で暮らしていきます。お義兄さんたちのお世話にはなりません。どうぞお引き取り下さい」大きな声ではっきりと言い切った。
IMG_1460
すると孝男が「あんたね~たった2年そこそこ昌之の女房だっただけで良くそんな大きな口が叩けるね」少しムッとした表情で話す。

しかし長子は毅然とした態度で「お義兄さんたちだって今まで昌之さんと縁を切ったような仲で遊ちゃんともロクに会ったこともなかったんじゃありませんか?それを今になってこの家に入って遊ちゃんの面倒を見るだなんて筋が通らないんじゃないですか?」。

「こんなことになって遊が1人残されたらほっとくわけにはいかねぇべ。俺たちはたった一人の身内なんだ。俺たちが遊を守ってやらなくて誰が守るって言うんだ」。
IMG_1461
「私だって血はつながってませんけど戸籍上は遊ちゃんの母親なんです。ここへ嫁に来て2年。遊ちゃんと一緒に暮らしてきました。お義兄さんたちに預かって頂かなくても私が遊ちゃんを立派に一人前に育てます。安心して福島にお帰り下さい」。
IMG_1462
すると孝男が「・・あんたやっぱり昌之の遺産が欲しいのかね」。

孝男の言葉にカッとなった長子が「そういうことじゃないでしょう!」と反論するが「遊のためにも片親って言うのは良くない。この先あんたが再婚でもしたら遊にとっては悲惨だ。どっちにしてもあんたが遊を見るのは良くないんだよ」。

黙って聞いていた茂子も「長子さん、あんた今24歳でしょ。一生一人でいられる訳ないでしょう。いつか遊ちゃんが邪魔になる時が来るんだ。私らだったら両親代わりが出来るんだから私らに任せてくれたらそれでいいの」とどうしても長子を追い出そうとする。

どう言っても言うことを聞かない長子に腹を立てた孝男が「あんたね、遊をとりこんで遊の遺産も自分のものにしようとしたってそうはいかないんだよ!ここに居座って自分の分ももらって、遊の分まで自分の物にしようだなんてそれじゃ昌之は浮かばれやしないよ」。

茂子も「そりゃ昌之さんと苦労を共にして築いた財産って言うならともかく、たった2年一緒にいただけで何もかも乗っ取ろうだなんて図々しいにも程がある!」と吐き捨てる。
IMG_1463
カッとなった長子が「じゃ、あなたたちはどうなんですか!財産目当てじゃないとでもおっしゃるんですか?」と怒鳴ると孝男も怒って席を立ち「なんだ?俺たちは相続権がある訳でもない。ただ遊を守ってやりたいだけなんだ。あんたみたいに昌之の遺産をかすめ取ろうって人間から遊を守ってやらなきゃ昌之も成仏しねぇべ!」と怒鳴る。

遺産狙いだとひどいことばかり言われた長子は「そうですか。じゃあ私、遺産の相続権を放棄します。遊ちゃんに譲ればそれでいいんですね」。

驚いた顔の茂子、そして一瞬ニヤっと笑った孝男。

そして「放棄したって遊と一緒にいたらあんたの好きに出来るもんな。この際、遊とはさっぱりと縁を切ってもらわないと。裸で追い出すようなことはしない。この2年間、昌之と遊に尽くしてくれた分はちゃんと払う。弁護士と相談して出来るだけのことはするから遠山とはさっぱりと縁を切って欲しい」。
IMG_1466
長子が相続するはずだった分も手に入れることが出来て孝男と茂子はしめしめといった表情。

そこへ孝男たちの子供2人がやって来た。

「東京で下宿してた子供たち、今日からここで暮らすの。お兄ちゃんたちが来たら遊ちゃんも淋しくないよ。ふふふ」何もかも自分たちの思い通りになり笑いが止まらない茂子。

自分たちばかりでなく、大学に通う子供2人も呼び寄せこの家で暮らすことにしたのだ。

何もかも勝手にされて怒りと悔しさでいっぱいの長子は昌之の祭壇の前に座りじっと涙をこらえた。

013
やっぱり長子のことが心配な節子は、大吉と葉子が止めるのも聞かず長子の家に出かけようとする。

玄関を開けるとそこには長子が。
IMG_1467
「・・長子・・」驚いた節子。

節子の顔を見た途端、長子は泣き出し節子に抱き付いた。
IMG_1469
013
家に入った長子はご飯をもりもり食べている。

「人に作ってもらって食べるご飯は最高だ~」明るい笑顔でご飯を食べる長子に「それじゃもう遠山の家には帰らないのね?覚悟を決めたのね?」節子が尋ねる。

「あんな家にいられる訳ないでしょ。あの連中ったら息子まで家に入れちゃって。いくら遊ちゃんが可哀想だからってあんな所に居座る勇気なんてない」。

長子が遺産の相続権を放棄したと知って葉子は「もったいない!」と怒るが、節子は「もらわなければあの家にも遊ちゃんにも縛られることないもの。これで籍が抜けて縁が切れたら言うことないわ」と喜んだ。

しかし長子は「私・・遊ちゃんに会ったらあの家を出られないような気がして、遊ちゃんが学校から帰ってくる前に出て来ちゃったの。それだけが心残り」と落ち込んだ表情を見せた。
IMG_1470
「それでいいのよ。会わない方が遊ちゃんも諦めがつくわよ」節子はなぐさめる。

葉子と長子の2人がまた岡倉家で暮らすことになった。

元々二人の結婚には反対だったため、大吉と節子はまた娘たちと暮らせることが嬉しくてたまらないのだった。

013
スポンサードリンク


013
その頃、遊が茂子に迎えに来てもらって学校から帰って来た。

「ママ~」と真っ先に長子を探すが長子はいない。

「ママ、本当に岡倉のおじいちゃんの所に帰っちゃったの?」孝男に尋ねると「パパが死んじゃったんだ。仕方ねぇべ。遊にはおじちゃんもおばちゃんも付いてる。お兄ちゃんたちも遊が淋しくないようにって来てくれた。ママがいなくったって大丈夫だ」。
IMG_1471
そう言い聞かされうつむく遊。

013
翌朝、夕べなかなか寝付けなかった長子が遅く起きてくる。

遊がちゃんと学校に行ったかどうか心配する長子だったが、その時なんと遊が岡倉家を訪ねてきた。

ビックリした長子は遊に会いたくて一目散に玄関に向かおうとするが節子に止められ「あんたが会ってどうすんの!お互い未練の残るようなことして何になるのよ。別れるって決めたんなら会わない方が遊ちゃんも諦めがつくの。冷たくした方が遊ちゃんのためなのよ。ここにはいないって言うから。あんたは自分の部屋に行ってなさい。いいね」。
IMG_1472
長子は後ろ髪を引かれる思いで自分の部屋に隠れた。

節子が玄関を開けると遊が立っていた。

「どうしたの?」節子が声をかけると「ママいますか?」。
IMG_1473
「ここにはいないの。しばらくお友達の家にいるんだって。上がっていきなさい。おばあちゃんも遊ちゃんにお話があるの」。

遊が部屋に入ると節子が「どうしてママが家を出たか福島のおじさんから聞いてるでしょう?ママはね、パパが亡くなったから遊ちゃんちにいても仕方がないの。だってママは遊ちゃんの本当のママじゃないし、遊ちゃんには福島のおじさんたちがいるんだもんね。そりゃね、本当のママだったらそばにもいられるんだけど福島のおじさんたちに『遊ちゃんの面倒を見る』って言われたらあの家にいる訳にはいかないのよ。パパが亡くなったからママはもうパパの奥さんじゃないし、遊ちゃんのママでもなくなっちゃったの。仕方のないことなのよ。分かるわね?」。

遊はじっと節子の目を見て話を聞いている。

「遊ちゃんは一人ぼっちじゃないでしょう?おじさんやおばさんやお兄ちゃんたちに可愛がられて、すぐにママのことなんて忘れちゃうわよ。学校さぼっちゃだめよ。パパはいっつもお空から遊ちゃんのこと見てるんだから」。

遊は何も言わず立ち上がり頭を下げた。
IMG_1474
そしてうつむいたまま岡倉家から帰っていった。

すると取り乱した長子が遊の後を追おうとするが節子に止められ「遊ちゃんはね、強くならなきゃいけないの。あんたがいま優しくしてやったってこれからは何にもしてあげられないのよ。だったら心を鬼にして。それが遊ちゃんのためなの!」。
IMG_1475
そう説得されその場に泣き崩れた。

013
新しい幸楽がオープンして数日後、同じビルの1階に邦子(東てる美)が化粧品販売のお店をオープンした。

邦子が1人で切り盛りするためお昼ご飯は幸楽で食べ、その間は五月(泉ピン子)が店番を引き受けることに。

五月が店番をしているとそこへ学校帰りの眞(えなりかずき)が。

お客さんの応対をしている五月をじっと見ている眞。
IMG_1476
お店を出た眞が幸楽に帰ってくると、お昼ご飯を食べ終わった邦子が久子(沢田雅美)相手にだらだら世間話しているのを見る。

すると勇(角野卓造)の所へ来て「何だよ!母さん一人に邦子おばさんとこの留守番させて!みんなはのんきに遊んでてさ。お母さんは昼休みもなくて可哀想じゃないか」と文句を言った。
IMG_1477
それを聞いてビックリした邦子が「眞ちゃんってさ~結構うるさいんだ」久子にこっそり話すと「五月さんが文句言ってんじゃないの?」と嫌な顔をする。

久子が眞に「あのね、邦子おばちゃんがお店を出したらみんなで助けてあげなきゃいけないの」。

もっともらしい事を言うが「だったら久子おばちゃんが代わればいいだろ」と眞に言われ「かわいくないわね~五月さんにそっくり」とブツブツ。

久子の言い方に腹を立てた勇が「そんな言い方ないだろ。五月は好意でやってるのに!」と言うが「だったらね!子供にこんなこと言わせないでよ!やってもらったって有難くも何ともないわよ!」久子に逆ギレされる。

邦子も面白くない表情。

そのうち健治(岸田敏志)も言い争いに加わり、大人の争いごとなんて見たくない眞はうつむいてしまう。

それを見かねたキミ(赤木春恵)が「ほらほら!2人とも早く五月と代わってやりなさいよ!五月はまだお昼も食べてないんだから」。
IMG_1479
久子と邦子に文句を言うと「ま~冷たいのね!」2人は怒って邦子のお店に行ってしまった。

憮然とした表情で久子と邦子を見ている眞。
IMG_1480
この二人のせいで五月が苦労していることを子供ながらに良く分かっている眞だった。

013
その夜の高橋家。

いつも帰りの遅い亨(三田村邦彦)が珍しく早く帰ってきたが、ものすごく不機嫌な様子。

何を話しかけても仏頂面のまま。

不機嫌な亨の様子を無視して一方的に話しまくる文子(中田喜子)にうんざりした表情の亨は苛立ってその場を去っていく。

慌てて後を追い「どうしたの?」と聞くと「・・今日、人事異動の内示があった。・・調査部行きだよ」。
IMG_1481
驚いた文子。
IMG_1482
ここ1年、仕事で実績を上げられなかった亨は左遷されたのだ。

ふて腐れる亨をなぐさめるが何を言っても逆ギレして怒鳴るばかり。

平穏な生活を望んでいる文子としては、給料さえちゃんともらえれば亨がどこの部署に配属されようが構わないと考えていた。

しかし営業一筋で頑張ってきた亨としては会社の方針に納得も出来ないし男としてのプライドが許さなかった。

それでも文子はなるべく明るく振る舞い精一杯励まそうとしましたが、文子の言葉や態度に腹も立ち傷ついた亨だった。

013
夜、おたふくから帰ってきた大吉。

葉子と長子が待っていてくれたことが嬉しくてとても上機嫌。

そして大吉は調理師試験の願書を今日出してきたことをみんなに報告する。

「試験まであと1ヶ月。頑張って絶対合格してみせるから。調理師の資格取ったら父さん飛んでみせるぞ~!これから好きなことが出来るんだから」と上機嫌な大吉に対して、本当に試験を受けるつもりだったのかと戸惑う節子だった。

013
翌朝の野田家。

良(前田吟)が出勤しようと玄関で靴をはいていると外から車のクラクションが鳴る。

すると派手な格好のあかり(山辺有紀)が部屋から出てきて弥生(長山藍子)や良に挨拶もせずさっさと車に乗り込み行ってしまった。
IMG_1483
男が車で迎えに来たことを知った良は「あかりが男と付き合ってるなんて聞いてないぞ!」と不機嫌になる。

相手は慶応大学の演劇サークルで知り合ったボーイフレンドだと弥生から聞かされるが、納得出来ない良は子供たちの教育について朝からグチグチ弥生に文句を言い出す。

すると「それだったらあなたから言って下さい。私一人の子供じゃないんですから。父親らしいこと何にもしないのに文句ばっかり言われたんじゃたまんないわ」と逆に弥生から言われ憮然とした表情で出かけていった。

013
その頃、岡倉家では長子が外出しようとしている。

節子が行き先を尋ねると、就職先を探してくるとのこと。

もうしばらくゆっくりしててもいいんじゃないか?と節子は思っていたが、どうやら長子には貯金もなくいつまでも遊んでいられないと答えた。

「私は月々生活費だけもらっていたから昌之さんがどのくらいの資産を持っているのか分からないし、貯金通帳だってどこにあるのか知らなかったんだもん。私には貯金がないけど自分で食べるものは自分で稼げばいいんだから。昌之さんには贅沢させてもらった。それだけで十分」と長子はほほ笑んだ。

「洋服とかもずいぶん買ってもらったしね。私があの家に置いてきた物は後で弁護士さんを通して送ってもらうようにするし。なるべく早く働いて家には迷惑かけないようにするから」長子は長子なりに気を遣っているのだった。

長子が玄関を開けた時、昌之を手術した本間(植草克秀)が玄関先に立っていてビックリする。
IMG_1485
昌之の手術の件でもう一度ちゃんと説明をしたいとわざわざ訪ねてきたのだ。

本間が来たことを知った節子は部屋に通して話を聞くことに。

するとそこに今度は孝男がすごい勢いで玄関を開け乗り込んできた。

そして「あんた、昌之の金いくら持ち出したんだ?持って出たものはみんな返してもらう!昌之の金はみんな遊のものだ。泥棒猫みたいな真似はさせねぇぞ!」と怒り出した。
IMG_1486
いきなり訳の分からない話をされて驚き戸惑う長子。

「昌之の遺産のことで取引銀行に問い合わせたんだ。遠山昌之名義の預金はどこの銀行でも全部引き出されて1円もないって言うんだ。そんなバカなことがあるか?あんたが引き出したんだろ?みんな持って出たんだろ?遊を丸裸にして放り出すつもりか?この人でなしが!」怒鳴る孝男。

何がなんだか分からずただ孝男の話を聞いている長子だった。
IMG_1487
・・・第5話へつづく・・・

第3話←あらすじ→●第5話

■第2シリーズのあらすじ一覧はこちら

■第1シリーズのあらすじ一覧はこちら

スポンサードリンク
あらすじを読んでドラマが観たくなったら宅配レンタルが便利ですよ。古いドラマなので店頭にない場合が多いです。私もこのあらすじを書くのに利用しています。30日間無料でお試し出来ますよ。




関連記事

no image

オリラジ、Mステに出演決定!新ユニットで「PERFECT HUMAN」

お笑いコンビのオリエンタルラジオが新しく組んだユニット「RADIO FISH」がテレビ朝日系の「ミュ

記事を読む

no image

映画「ローカル路線バス乗り継ぎの旅THE MOVIE」もうすぐ公開!

2007年からテレビ東京系で放送されている「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。 太川陽介さんと蛭

記事を読む

IMG_1551

ドラマ「ありがとう」警察編:あらすじ 第4話

// 水前寺清子さん主演ドラマ「ありがとう」第1シリーズ:婦人警官編の第4話のあらすじを

記事を読む

画像1

え!あの人も出演?!「天才バカボン」実写版・ここが見どころ!

3月11日(金)に「天才バカボン」の実写化ドラマがいよいよ放送です! おかずクラブのオカリナさ

記事を読む

IMG_1511

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第27話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第27話のあらすじです。

記事を読む

画像1

福島県郡山市のゴミ屋敷問題:なんと所有者が・・・。あれからどうなった??

度々テレビで放送されていました福島県郡山市のゴミ屋敷問題はどうなったんでしょうか?。 放送では

記事を読む

no image

漫才コンビ「母心」と「ふくしまボンガーズ」知ってますか?

みなさんは「母心(ははごころ)」という漫才コンビを知ってますか? 2014年に「第13回 漫才

記事を読む

IMG_0742

「渡る世間は鬼ばかり」第1シリーズあらすじ 第38話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第1シリーズ 第38話のあらすじです。

記事を読む

HANEDA

はねだえりか未婚の母になった訳・・そしてCoCoのメンバーは今?

// 本日、2016年6月23日放送のフジテレビ系「ノンストップ」で、元CoCoのはねだ

記事を読む

no image

西川史子先生、ベッキーさん擁護発言撤回

今日放送のTBS系情報バラエティー番組「サンデージャポン」をリアルタイムで見ていました。 その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017-11-06_163225
「明日がござる」あらすじ第1話と登場人物紹介

// 水前寺清子さんが主演のドラマ「明日がござる」の放送が

2017-09-22_1122067
渡る世間は鬼ばかり2017・3時間スペシャルあらすじ

// 2017年9月18日(月)に「渡る世間は鬼ばかり」3

IMG_1543
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第6話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1509
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第5話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

IMG_1466
「渡る世間は鬼ばかり」第2シリーズあらすじ 第4話

// 「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり」の第2シリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑